【エクセルで足し算】エクセルを使った足し算の簡単なやり方、数式、関数

エクセルで足し算をする方法をご存知ですか?

エクセルとはマイクロソフトが提供する
パソコンで出来る表計算ソフトのこと。

エクセルには多種多様な操作方法が存在し、
その操作方法は無限大といっても過言ではない。

そんなエクセルは、学校の算数で習う「足し算」を計算することが可能である。

エクセルをほぼマスター出来れば、
足し算を始めあらゆる計算を使いこなすことが可能になる。

複雑な計算もエクセル1つで計算可能にもなるため、
仕事のスキルアップ、転職などにも有利になる。

この記事では、エクセルの計算で基本となる
「足し算」にフォーカスして解説していきます。




エクセルで足し算を計算する方法について

エクセルの足し算は、まず

・学校で習う四則演算
・数式

上記の計算方法について解説していきます。


エクセルの四則演算を使って足し算を計算する方法について

上図のように品目ごとにA商店とA商店の姉妹店の価格が載った表があるとします。
この合計売上(価格)を計算するのに、まず四則演算を用いて計算します。



四則演算を使う場合下記のような式になります。

「=100+50」

最も基本的なエクセルでの足し算の考え方です。
これがマスター出来なければ、その後の数式や関数は到底マスター出来ないでしょう。
(基本ですので、マスター出来ないことはないと思います)

ここで注意すべきポイントは、「=」は、
エクセル上では、「計算を開始する記号」にあたります。

一般的な算数では、
「100+50=150」
といった計算を行って解を求めますが、エクセルでは最初に持ってきます。

これが出来なければどんな計算も出来ません。
注意してエクセル計算を行いましょう。


エクセルの数式を使った足し算を計算する方法について

それでは、次に数式を用いた足し算の計算の仕方です。

同様の表を用いて解説します。
図に示す通り、数式ではセルを指定して計算を求めます。



「=C3+D3」

セルを指定して数式を求めることができます。

この計算方法の最大のメリットは、
セルを変更することで計算結果も自動で反映されるということ。

四則演算を用いた足し算では、直接数字を変更する必要がありますが、
セル指定の数式では、煩わしい数字の変更も簡便に済みます。


エクセルの関数を使った足し算の方法について

それでは、最後にエクセル独自の関数を用いた
足し算の計算の仕方について解説していきます。



同様の表を用いて解説します。
関数を用いる場合、代表的な「SUM関数」を使います。

「=SUM(C3:D3)」

足し算をしたいセル範囲を指定することで上記の通り、
足し算の計算結果を出力してくれます。

SUM関数の()の中は条件式となっており、
この中に計算式を入れていくことになります。

また、セル範囲を指定する記号は「:(コロン)」で表され、
その範囲内であれば、すべての数字が合計、足し算されることになります。


エクセルで足し算を計算する方法、数式、関数 まとめ

エクセルで足し算を計算する方法、数式、関数について解説してきました。

エクセルを使った足し算は基本中の基本の操作方法になります。
これをマスター出来なければ、到底他の計算方法はマスターできません。

エクセルの操作は、知識も大事ですが、経験や身体で覚えて行くことの方がもっと大切です。
とにかく様々な例題を解いて、何通りものパターンを覚えた方がよいです。

そうすれば会社からも一目置かれる存在になれることでしょう。



サブコンテンツ

このページの先頭へ