【エクセルで掛け算】エクセルを使った掛け算の簡単なやり方、数式、関数

前回の記事で解説した「エクセルで引き算」に引き続き、
今回は、「エクセルでの掛け算」について解説していきます。

⇒ 【エクセルで引き算】エクセルを使った引き算の簡単なやり方、数式、関数

四則演算の計算は、エクセルを使う上で基本中の基本の考え方になるため、
しっかりマスターして、応用を効かせていきましょう!


エクセルで掛け算を使うやり方について



A商店での品目ごとの価格と在庫を表した表になります。

この表で売上を求める式を掛け算を用いて算出します。
売上を求める引きは、価格と在庫を掛け算することが計算されます。

エクセルでは、掛け算は「四則演算」と「数式」を用いて
計算することが可能です。


エクセルの四則演算を使って引き算をするやり方について

掛け算の四則演算は「×(掛け算)」で計算されます。
エクセルでも「×」ではなく「*(アスタリスク)」記号を用いて計算します。

上図が売上を求める四則演算の掛け算になります。

「=100*50」

引き算同様に、エクセルの計算では、
まず「=」を入力することから計算が始まります。

これがなければ、ただの文字列になるだけです。

エクセル初心者の方が最初に当たる壁といったら
一般的な算数とは違うところに戸惑いを感じるでしょう。

エクセル独自の計算方法に慣れる必要があります。

それでは、次にエクセルの数式を用いた掛け算について解説します。


エクセルの数式を使った掛け算をするやり方について

上図の通り、セルと呼ばれるエクセルのマスを
それぞれ指定して掛け算することで計算することが可能です。

「=C3*D3」

四則演算や算数に慣れている人は、
エクセル独自のセルを指定して計算させる方法に違和感を覚えると思います。

最初は、慣れない計算も、
何度も計算を繰り返し行っていけば、慣れることは可能です。

是非、いろいろな問題を解いて
エクセル独自の計算方法に慣れるようにしましょう。




エクセルの関数を使った掛け算のやり方について

エクセル独自のプログラムによって計算することが出来る「関数」
この関数を用いて掛け算の計算することも可能です。

上図が関数を用いた掛け算になります。

「=SUM(C3*D3)」

SUM関数と呼ばれるエクセルの中ではポピュラーな関数を使うことで計算できます。

()に囲まれた計算(C3*D3)の部分を条件式と呼び、
この中に計算したい条件式にあたるセルを指定することで
さまざまな計算を可能にします。

もちろん

「=SUM(C3*D3-D4)」

といった、掛け算、引き算を混同させても計算可能です。


エクセルで掛け算するやり方、数式、関数 まとめ

エクセルで掛け算するやり方、数式、関数について解説してきました。

エクセルでの掛け算といった四則演算は基本中の基本ですので、
問題もいくつも解いて、身体で覚えるようにしましょう。

この四則演算の基本がマスターできなければ、
その後の関数やVBAといったステップアップは難しくなる。

ぜひ、覚えていきましょう!



サブコンテンツ

このページの先頭へ